だんだんな -田舎暮らしと車と商売- 2008年02月 だんだんな -田舎暮らしと車と商売- 2008年02月

プロフィール

GDCT

Author:GDCT
ご来場頂きありがとうございます!
日々の徒然や思った事など、綴っています。
熊本で車屋やってる旅好き人間です。
立寄ったついでに何でもいいのでコメント頂けたらありがたいです。
趣味:映画(邦画) ・ 読書(歴史) ・ 旅行(何処でもOK)
尊敬する人物
   坂本龍馬 ・ 織田信長
   中村文昭 ・ 鍵山秀三郎
   五日市剛 ・ 
   など、常に前向きで夢を与えられる人ですね。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

心を形にしよう!

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

環境保護に貢献

RSSフィード

広めま笑!

CAR

旅行・出張

本屋さん

ショッピング~

オークション

FC2

健 康 ・ お薬

フリーエリア

クレジット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然のパワーを感じました。

娘の事で、24日から2日間鹿児島に行ってきました。


早朝ホテルの窓から見る“桜島”が

朝日に映えて神秘的でした。



何か自然のパワーを感じますね~。

鹿児島の人がうらやましい・・・。^^

20080225sakurajima
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

タグ : 鹿児島 桜島

あさぎりの“ヨン様”にラブレターが・・・!

地元新聞 人吉新聞 に

「韓国からラブレター?」 あさぎり町の“ヨン様”に

という記事が・・・


asagiri-yonsama
 ※勝手に使ってスミマセン(地元の為です・・・お許しを^^)


ホントーに似ていらっしゃいます。

 “あさぎり町のヨン様”に韓国からラブレターではないかと思われる手紙が届いた・・・・。
との事です。
しかし、韓国語で書いてある為内容が解らない。


やっぱりこれからは“韓国語”“中国語”は必要ですね~。

韓国語を勉強せずに覚えたいあなたに朗報!!

【聞き流すだけ!】スピードラーニング中国語

こんなの見つけましたが・・・。

いかがです~。 ^^

逢ってみたいと思った方は「ポチっ」とお願い致します。m(__)m 
fc2ブログランキングバナー
FC2 Blog Ranking

テーマ : ちょっといいニュース。 - ジャンル : ニュース

タグ : ヨン様 あさぎり町 ラブレター

いくつから「大人」?

この前ニュースで何かで

「日本人の成人とはいくつにするか」

・・・というものが議論されていました。



色んな意見は有るものの、私的には・・・

『基準が曖昧』・・・で、

“何”をどう判断して、「大人」とするのか・・・・。




歴史で知るところ、昔日本人は14歳で元服して大人の仲間入りをしていましたよね。

家柄や生まれた環境で、教育にしても育ち方にしても、皆まったく違う世界で生きていた・・・。

だから、字が読めない人も多くいたし、ろくに食事も取れない家庭もあった。


でも、大和魂というか日本人の心というか、キチッとした人生観や人道を持っていた・・・のではないかと思うのです。



現代は食生活も良くなったし、色んな道具や乗り物など、世界中に便利なものが溢れ、教育制度も充実した結果、字が読めない人はほぼいないと言っても過言ではないはずです。

そんな恵まれた時代に生まれてきた事で、“当り前”でいられるという素晴らしさに気付かないで、「感謝」すらできない人間達が多い。



・・・話がそれてしまいましたが、

「大人」とは、

選挙に参加する権利が得られる事・・・?

酒が飲めて煙草が吸える様になる事・・・?

親の同意なしに結婚できる事・・・?

他にも沢山できる事が多くなる事ですが、それだけではない!


『責任』という重いものも背負わなければならない・・・。

年金・税金・健康保険・などなど・・・・たくさんある。



身体の成長からみると、16歳以上は立派な大人と見れる・・・と思う。

しかし、心の成長からみると、25・・・う~ん、28歳くらいじゃないかな~。


時々、40歳や50歳代でも心が子供の人もいる。

・・・、もっと上の老人でもそんな人もいる。



私はこう思います。

『肉体的・精神的な修練をし、教科書どおりの教育も多少は必要だが、心の教育を小さい時から受け、善悪の判断と倫理観を身に着け、責任感を持ち、世の為人の為に生きる事ができる人間』

これが『大人』だと・・・。


意見をお聞かせ頂く前に「ポチっ」とお願い致します。m(__)m 
fc2ブログランキングバナー
FC2 Blog Ranking

テーマ : 今日、気になったネタ - ジャンル : ニュース

タグ : 大人 成人 教育

ホトトギス

以前紹介した「てっぺん」の夢エール(過去記事)で、面白い話がありました。

それはというと・・・・。


皆さんも良くご存知の戦国武将の例え俳句であります。^^

例の「鳴かぬなら・・・・」です! (ちょっと違う絵ですがお許しを)


「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」 織田信長

「鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス」 豊臣秀吉

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」 徳川家康

・・・・でしたっけ


ここからが本題です。


『鳴かぬならそれもまたよしホトトギス』 松下幸之助


『鳴かぬなら信じて待とうホトトギス』 浦本剛徳


『鳴かぬなら焼き鳥にするぞホトトギス』 これはてっぺんの女性スタッフだそうです。^^

そのほかに・・・、

『鳴かぬなら笑わせてしまえホトトギス』 

『鳴かぬなら一緒に笑おうホトトギス』 

『鳴かぬなら一緒に泣こうホトトギス』 

『鳴かぬならハッピーすぎるホトトギス』 


などが紹介されています。  ^^;


さぁ!

あなたなら、どんなホトトギスを作りますか

あなたの「鳴かぬなら・・・・・・ホトトギス」をお待ちしております。(^^)

ホトトギスの俳句を作ってみたいと思った方は「ポチっ」とお願い致します。m(__)m 
fc2ブログランキングバナー
FC2 Blog Ranking

テーマ : 悩んでいても何も始まらない - ジャンル : ライフ

タグ : ホトトギス てっぺん 夢エール 生き方 考え方

繁栄の法則(戸が笑う)

繁栄の法則(戸がわらう)という本があります。

出版社は致知出版社で、著者は北川八郎氏です。



その中に「ある工務店の話」という項目があるのですが・・・、商売人には非常に考えさせられる内容なのです・・・。


『著者の講演会「繁栄の法則」にある建築会社の社長さんが参加された。セミナー後その方と話した時に「自分はごまかして生きてきた」と言われた。いつも儲ける事を優先してきた。
日本建築が得意なこの会社は注文住宅を受けても「これからは洋風より日本建築ですよ」と、全て自分の方式に取り込んで、なおかつ材木も一番安いところから仕入れてそれを高く売る。また、他の業者への発注に際しても100万円なら80万円か90万円にして上前を抜いていた。そうやって儲けていたらしいのです。
それが当時の工務店の常識だったのかもしれませんが。
しかし、何十年もそれでやってきたけれどなかなか工務店は大きくならないし儲けも出ない。
一生懸命嘘を言って、取り繕っているけれど大した儲けにもならず、いつも仕事に追われて苦労していた。
そんな時講演で、
「与えなさい、少し損して生きなさい」
という言葉を聞き、「ああ、そうだ。もうごまかして儲けるのは嫌になった。これからは少し心を入れ替えよう。」
と思ったらしいのです。

 それから彼がやった事が凄い!水道屋さんに100万円の仕事があったら
「100万円は与えられないけど105万円だったらやれる」と、
ガラス屋さんや他の業者さんへも同じ様にやり始めた。
また当時、家の工事が完了した後、残り木や端材もは掃除もせず引き渡していたのを、いつもキチンと掃除して引き渡すように変えた。

はたまた、契約した金額より安く上がった場合は、そんなに儲けなくてよいからといったん受領したお金を返していた、そうなのです。

 あらゆること、あらゆる場面でキチンと人に与えた。業者に対してもいい仕事をしたら取り分を余計に与えていたそうです。
そういう風にしていくと、1,000万の建物が1,300万円位の価値になっていく訳です。
その事が段々と口コミで広がって行き注文が沢山来て繁盛しはじめた。

もう一つは、建てた家の不都合に対しては4~5年もお金を取らずに徹底してアフターフォローもやった。そんな事を続けていれば、ひっきりなしに注文が来るようになった。
考えれば当り前の事です。
それで、“あっ”という間にお金持ちになった。

今までは儲けようとして、ちょっとずつごまかして生きてきたら、注文が少なく悪評も立っていた。生き方を変えた途端に、ひっきりなしに注文が来るようになった。
そして業者さんも「あそこは100万の仕事に対して105万円払ってくれるから」と、どこかで建替えの話があると、「あそこがいいですよ!」と紹介してくれるのです。

その方曰く、
「今まで儲けようとしていたら儲からず、儲け心を捨てて信を取り、正直にやり始めたら、儲け始めた」というのです。

でもこれがなかなか実行できない。頭では解っていても、心まで伝わっていないから、やはり少しごまかし、不評をもみ消しながら信を失いつつ、たいていの場合生きてしまうのです。
・・・あなたならどうしますか。』



う~む・・・考えさせられる・・・。

きっとお役に立つ本です。


どうですか!^^





読んでみたいと思った方は「ポチっ」とお願い致します。m(__)m 
fc2ブログランキングバナー
FC2 Blog Ranking

テーマ : 紹介したい本 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 繁栄の法則 北川八郎 戸が笑う 致知出版社

そろそろ「うぐいす」が鳴く頃か・・・

・・・・春に近ずくにつれ


逆に

寒さを感じるのは何故???


そんな中にほのぼのとした風景を見つけた。

200802071106000


「おっ・・・もう梅の花が咲いとー」

200802071107000


思わず“パシャ”っと・・・。

携帯カメラゆえ画像の頻度はお許しを。^^

タグ : 梅の花 うぐいす

寒ぃー!

昨年末から1月下旬頃まで

「本当に冬かいなー

つうくらいに暖かかったものの、

最近では日本中で雪や寒波のニュースや遭難ニュースが流れている・・・。


霜柱・・・。

200802050946000


200802050947000


子供の頃「冬」といえば、

毎日見ていた風景だった。


雪道を小枝にかかった雪を蹴り上げながら登校したあの日・・・。

勢いあまって頭からコケた小学校低学年時代・・・。^^


帰り道は坂道の山際に何本もの氷柱が・・・、

それを折って食べながら帰った田舎道。



昨日地元の新聞に過去記事が紹介されていたが、昭和40年の今日この頃には大雪で色んな災害があったようだ。


「夏」暖かく、「冬」寒くて雪が舞い霜柱が立ち、ありとあらゆる水面には氷が張っていた・・・・。

(子供心に、学校の小さな池に張った氷のテーブルでスケートが出来るのではないのかと胸を膨らませた・・・。夢は、ほぼ昼休みになると氷の氷解と共に消えうせたが・・・。)

そんな当り前の自然が今はもう無いのか・・・。

同じ経験が有る方は「ポチっ」とお願い致します。m(__)m 
fc2ブログランキングバナー
FC2 Blog Ranking

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

タグ : 霜柱 子供時代

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。