だんだんな -田舎暮らしと車と商売- 救急の妊婦、たらいまわしって・・・ だんだんな -田舎暮らしと車と商売- 救急の妊婦、たらいまわしって・・・

プロフィール

GDCT

Author:GDCT
ご来場頂きありがとうございます!
日々の徒然や思った事など、綴っています。
熊本で車屋やってる旅好き人間です。
立寄ったついでに何でもいいのでコメント頂けたらありがたいです。
趣味:映画(邦画) ・ 読書(歴史) ・ 旅行(何処でもOK)
尊敬する人物
   坂本龍馬 ・ 織田信長
   中村文昭 ・ 鍵山秀三郎
   五日市剛 ・ 
   など、常に前向きで夢を与えられる人ですね。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

心を形にしよう!

ブロとも申請フォーム

最近のトラックバック

ブログ内検索

環境保護に貢献

RSSフィード

広めま笑!

CAR

旅行・出張

本屋さん

ショッピング~

オークション

FC2

健 康 ・ お薬

フリーエリア

クレジット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急の妊婦、たらいまわしって・・・

今日のニュースを見ていて

「なんじゃそらー!」 

と思うことを、だらだら話していたので、ちょっと言いたくて記事にした。

救急搬送妊婦流産の記事

「今回搬送中の救急車が事故をしたので明るみに成った」との事だが、こんな事件は沢山あると言う・・・。



そしてそのニュースでやたらと口にされていたのが

「システム」の問題

「システム」を早く構築して・・・

「システム」が・・・


システム・・・。


そんな問題ではないと思うのだが!


急病や事故で、人の生死を分けるその一分一秒を競う時に、

「何がシステムじゃー!!」


そう思うのは私だけでは無いはず・・・。


システムは確かに大切だが、医者なら急を要する人命を優先すべきじゃないのか・・・。

・・・何か情けないやら腹立たしいやらで、書かずに居られなかった。


世の中「臨機応変」に対処できる“人間力”が低下し過ぎているように感じてならない・・・。


よければ応援お願いします。m(__)m 
fc2ブログランキングバナー
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ : どういうことだ? - ジャンル : ニュース

タグ : 救急 妊婦 事故 ニュース 人間力

<< ある会社の面接試験 | ホーム | 返事は0.2秒! >>


コメント

現在の医療体制に深く影を落とす事故でした。医師会も国も心同じにして取り組まなければ解決しませんね。研修医制度にも問題ありです。

>toshikiさん

コメント頂きありがとう御座います。
現代はマスコミや情報が発達していて、色んな事が明るみに出てきますが、昔はもっと酷い事が沢山有ったのでしょうね・・・。
いずれにせよ、「人間らしさ」というか、「人となり」をおざなりにして来た環境がすべての原因かもしれません・・・。

システムの問題じゃないんです。
キャパシティーを超えて居るんです。
普通に診察してお産している妊婦の対応だけでももう手一杯というか、コップの縁からあふれて、表面張力で何とかこぼれずに保っている、そんな危機的状況なんです
奈良医大の産科が当日の情況をHPで公表していますが、
はっきり言って、よく辞めもせず、倒れもせずこんな勤務が出来るなと涙を禁じ得ません。
マスコミはこういうことはちゃんと報じない。
産科医に死ねと言うのか。
現場の産科医は「今日辞めようか、明日辞めようか」というギリギリのところで、それでもお産が好きだから、だから踏みとどまってるんです。
人間らしさも人となりも空虚な言葉にしか思えないくらい、
現場は疲労感と絶望感でいっぱいです。
竹槍でB29が落とせますか?
根性で核を打ち落とせますか?

医者だって人間です。
手は二本しかない。
身体は1つしかない。

よく解りました。

質問さん、コメントありがとう御座います。
おっしゃる事はよく理解できます。
このブログを書いた後に日本の医療従事者が置かれている現状を知る機会が有りました。
わがままな発言であったと反省しています。
・・・・戦時中の軍医の場合もそうであったのでしょう。・・・その気持ちを知れば涙が出てきます。

どうすれば良くなるのかを掘り下げて考え、医者ではない我々にも何か出来る事はないかを求めなければならないと痛感している次第です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。